オフィスに新しいパーテーションが導入されてから

職場環境の改革で新しいパーテーション導入

職場環境の改革で新しいパーテーション導入以前よりも仕事に集中できる環境になったオフィスの会議室を2つにする便利なパーテーション職場への不満が減り働く人が気分良く過ごせる

これまでもオフィスにはパーテーションは使われてきていましたが、それまでの物は隣との視線部分が主に隠れる程度の簡易なものでした。
以前はそれさえもなく隣や後ろや前の人の様子は見ようと思わなくても自然と視線の中に入ってきて仕事に集中している時はそれでも何とか過ごしていたのですが、やはり落ち着かない職場ではありました。
それから視線だけは一応隠れるほどのパーテーションがオフィスに設置されたときは同僚たちと多いに喜びあったものです。
それが時間とともにその状態になれてくると、まるで以前の何も遮るものがなかった時のような思いになってきました。

会社といっても家族経営にも似たような所でしたのであまりこちらからの要求ばかりいうのもはばかられていました。
実際何をするにも費用がかかることですので、もし職場環境が整った時に私たちがそれに見合うような働きができない場合も考えてしまったのです。
でも最近の働き方改革という世間の風潮が経営者にも届いたようで、実際に勤務時間が変更されたとか短縮されたという訳ではないのですが働きやすさを考え始めてくれたことは嬉しかったです。
そうして導入されたのがまるで個室ではないだろうかと思われるほどのキチンとしたパーテーションだったのです。