オフィスに新しいパーテーションが導入されてから

以前よりも仕事に集中できる環境になった

職場環境の改革で新しいパーテーション導入以前よりも仕事に集中できる環境になったオフィスの会議室を2つにする便利なパーテーション職場への不満が減り働く人が気分良く過ごせる

パーテーションといえばたんに間仕切りのような感覚を持っていて、室内に設置すると話しがあった時もそれほどの期待はできないねと実は話していたものです。
これまで隣の空いた部分は誰もが通る通路であってそこは何を置いてもいいような場所として使われていた部分に座っていると自分だけの世界に入り込んで仕事ができるようになったのです。
それは思いの外快適な空間となって自分専用のオフィスになりました。
今までは仕事をしていない少し手が空いた時間がある時には他の人の視線が気になり、特にしなくてもいいような書類に目を通してみたり無駄な気苦労をしていたのが一切なくなったことで本当に気分爽快になりました。
以前からの前の部分と今回の横の部分にパーテーションが設置されたことで、これまでそれほど気にしていなかったと思っていた雑音だったのですが、それがどれだけ邪魔だったかもわかったのです。
仕事中に他の人の動きを気にしなくて自分だけの事に集中できるようになったことで、これまで時間内に終わることがあまりなかった仕事でしたが特に仕事量が減った訳でもないのに勤務時間内に処理できるようにまでなりました。
そうなると経営者の様子も違って見えて、これまでに感じることがないような余裕を醸し出している雰囲気が伝わってくるのです。